ネットカードダス ガンダムクロニクル バトライン
第3弾 ブースターパック BOX《発売中!》


機動戦士ガンダムカードビルダー オールマテリアル(発売中)

覗いてみよう!GCB関連オススメ商品をピックアップ!

2009年08月10日

タンクとは・・・?

最近、あまり出撃できてない疾風です。
久しぶりにやったりすると感覚が戻るまで時間がかかってしまい、更に無駄にマネーがかかっちゃう事、ありませんか?(笑)
そんな負のループに飲み込まれています^^;

さて、ここ最近ずーっとタンクに乗り続けているのですが、回数が増えてくるといろいろな事を考え出してしまいます。
特に最近気になるのが『タンクの最適運用法』でしょうか。
いや、自分自身の中ではもう確立されている感があるのですが、やはりこういうものは人によって異なるようですね。
自分の求めるタンク運用法が、必ずしも他の人に受け入れて貰えるものではない・・・といった感じです。


 
 

 
 
タンクは拠点を落としてなんぼ・・・という考え方が一般的ですね。
たしかに敵拠点を落とす事によるアドバンテージは実際のゲージ以上の効果をもたらします。
(回復不能になる事も考えるとかなりの戦略効果だと思います)
自分もそう考えている部分が多く、やはり拠点を落とす能力があるなら、優先すべきは拠点の破壊かと思っています。
自分の中では、自機、護衛機の合計コストが500以下であるならば、例え全滅してでも敵拠点を破壊した方が戦略的には有利だと考えています。
特にファーストアタックでそれが出来た場合、セカンドアタックというチャンスに繋がる事を考えれば、護衛機を損耗する価値が充分あるのではないでしょうか。

セカンドアタックという存在があるだけで敵はそれを無視できず、否応なしに前に出て戦わなくてはなりません。
セカンドの可能性があるのに引き篭もるというのは負け確定に近いと思ってます。
(ラインを下げて戦いやすいフィールドで戦うというのはアリかとは思いますが)
たまにその瞬間のゲージだけを見て『もどれ!』という方がいらっしゃいますが、『ちょっと待て!』って言いたくなりますよね(笑)
チャットに入れて欲しいところです。

そんなこんなで、やはり最良の戦略として自分は拠点撃破を目指す戦い方を基本にしています。
が、それが全てでもありません。
戦略的に有利に事を運ぶ方法は他にもまだあるからです。
それが釣りタンクとか、後衛タンクでのMS弾援護から入るパターンです。

釣りタンクは、開幕後明らかに枚数不利な状態だった場合、早めに護衛を下がらせ、MS戦に切り替えて延命に重点を置いて戦ったり、タイミングが早ければ護衛をアンチタンクに合流させ、タンク1機で敵2〜3機を引き回すオトリとして運用する事です。
タンクの後方支援から入る場合は、その支援によってMS戦を有利に運ばせ、敵のラインが下がるのを見計らってこちらのラインを上げ、拠点破壊を視野にいれた戦いをする・・・という形ですね。

タンクや護衛の機体を損耗する確率が低いので、安全型の戦いかとは思いますが、この戦法にはある欠点が存在します。

それは、味方と敵との力量がほぼ互角じゃないと成立しない事です。

スキルに差がある場合には、ほぼ100%の確率でタンクは前に出る事が出来なくなります。
また、リスタートのタイミングで前に出たくても、最初の状態のような理想的な状態ではなく、満身創痍の味方機しか護衛につけない可能性もかなり高い状態となります。
この場合、逆転の要素さえもない完全敗北の状態が出来上がってしまいます。
これがこの戦略の欠点です。

敵拠点を落とすのは1回で充分・・・という考え方は、敵との力量が互角程度で初めて形を成す戦略だと自分は思っています。
逆に、厳しいながらもファーストアタックで拠点を落とせたならば、その後のセカンドの恐怖からタンクは無視できない=タンク単機でプレッシャーを与える事ができる という事なので、後半から敵の主力を釣る事も可能なのです。
特にセカンド阻止にくる敵は『うまい人』という可能性が高いので、その分前線は有利になるはずです。

今までの経験上(あくまでA1〜2クラスの話ですが)、敵との力量差がある場合、釣りタンクで枚数有利の状態を作ってもかなり厳しい戦いでした。
釣りタンクで確実に勝つには、ファーストアタックでタンク単機で2機以上の敵を釣り、尚且つ護衛を即アンチに合流させるくらいの行動が必要でした。

そこから感じたのは『やはりタンクは味方頼みな運用しかできないのだろうか』という事でした。

それから、タンクスキルを鍛えるべくいろいろと試したりしてましたが、プレイ回数もそれほど多くないせいもあり、大きな成長もなく現在に至ります。

タンク単機で戦局を覆せるような方も何人か見た事がありますが、それくらいのスーパースキルが身に付くのは不可能に近いですからね。
ただ、やはり少しくらいは目指したいなと思っております。

そんな意識もあり、最近はキャノン系に乗る事が多くなってきました。
特に戦い方としては固定砲台化したタンクの運用よりも、移動砲台としての運用をメインにしています。
よく教官には『あまりに動くタンクは護衛できない、付いていけない』と言われますが、野良では固定砲台になっても護衛して貰えない事が多いので、それならどっちも一緒かなというのが自分の結論です。
護衛が必要な時は自分から護衛に寄って行けばいいので問題ないかと思ってます(笑)
バーストの時は自分の動きを細かに連絡するように頑張ってます^^;
もしくは事前に作戦を立ててルートまで事前に打ち合わせておくと楽ですね。


と、いうのが最近の自分の『自論』になってきています。
故に、自分が護衛の任に付いた時には、全力でタンク護衛させて貰っています。
もちろん、万が一タンクが先に落ちてしまった場合なども、その後のタンクの動きを見てそれに合わせるようにしています。
それは『拠点撃破』がもたらす効果と、その戦略価値の大きさを自分が『とても大きい』と感じているからです。
また、タンク乗りとしてはやはり拠点を最低でも1回は落とさせてあげたいと思っているからです。
じゃないとタンク乗る人がどんどん減っていってしまうので^^;


ただ、自分のような強引な戦い方をするタンクの護衛は、点数を稼げない場合が多いみたいですね。
簡単に言えば、護衛機も落とされる確率が高いので、稼いだポイントが減っちゃうって事です。
なので、平均して『B』あたりにしかならない事が多い気がします。
自分が護衛する時もそうなんですけどね^^;
腕があればそれでも稼げるとは思うのですが、やはりAクラスでは(みんな)そうはいかないみたいです。

現在のポイントが階級に絡む部分を何とかして欲しいな〜と思いますね。
出来れば『勝ち数』をちゃんと重要視してくれると嬉しいです。
ポイントを稼ぐ戦いが、必ずしも自軍を有利にするとは思えないので。
(逆に戦線崩壊させてるな・・・と感じるS評価の人も結構居ます。あくまで個人的な感覚ですが)


さて、長々と書きましたが、これはあくまで疾風個人の現在の自論であります。
当然、タンクの運用法自体が生き物であり、ケースバイケースなのが真実です。
その戦況、敵の強さ、味方の強さ・・・などなど、それを見極めた上で勝利を目指すのが良きタンカーかなと思っています。
1戦目で全力で戦い、敵の力量や味方の力量も見て、2戦目を戦う。
1戦目で負けても2戦目は勝つ。
悪くても1勝1負、良くて2勝の戦いを続けて、勝ち越し当然のプレイヤーを目指したいと思います。

マッチした時は宜しくお願い致します。





GCBデータベースLINK集へ

posted by 疾風 at 20:26 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戦場の絆 戦術論

スリーブは純正と同じ。ローダーはジャストサイズ。
1500円以上で送料無料。純正買うより全然お得です。

ガンダムカードビルダーデータベース

この記事へのコメント
最高のゲームを手軽に遊べるRealArcade

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125423319

この記事へのトラックバック